147 件の文書   12345678910>>

Q&A検索の使い方
文書番号  件名 分類  最終更新日 
HST00022 水平構面の検定がNGとなる場合の対処方法
水平構面の検定がNGとなる場合の対処方法について説明します。
計算結果
2020-11-02
HST00021 布基礎における出力9.3の基礎に加わる上部構造の長期荷重:Wの計算方法
布基礎における出力「9.3 長期接地圧(個別)と底盤の検定」の基礎に加わる上部構造の長期荷重:Wの計算方法について説明します。
計算結果
2020-11-02
HST00018 屋根勾配による固定荷重の割増し
屋根勾配による固定荷重の割増しについて説明します。
計算結果
2020-11-02
HST00171 8.2.1、8.2.4、8.2.5(Ver.7までは8.2.6、8.2.7)の出力
8.2.1、8.2.5(Ver.7までは8.2.7)は、はり端部が負けでせん断力の伝達が独立でない金物が配置されている場合に出力されます。
8.2.4(Ver.7までは8.2.6)は、90×90の筋かいの接合部仕様が「ボルトφ12」、筋かい上部が取り付くはり端部が負けで仕口金物が配置されている場合に出力されます。
操作・入力
2020-10-30
HST00169 基礎ばりの水平荷重時応力、水平力による軸力の計算
基礎ばりの水平荷重時応力、柱頭柱脚接合部の検定における水平力による軸力は、 壁の許容せん断耐力から計算します。
計算方法
2020-10-30
HST00168 床・天井、屋根を配置する場合の範囲
床・天井、屋根を配置する場合、タイプや勾配などが同じ範囲では一括入力できます。
操作・入力
2020-10-30
HST00166 混構造の場合のアンカーボルトの引張耐力の検定
混構造の場合、アンカーボルトの引張耐力の検定は行いません。
操作・入力
2020-10-30
HST00165 3階建て、および混構造の場合の接合部金物の計算
3階建て、および混構造の場合の接合部金物の計算は、許容応力度計算のみです。
操作・入力
2020-10-30
HST00164 横架材の低減係数の入力
横架材の低減係数I、Z、Aは、『木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)』などを参考に、 実状に合わせて変更して下さい。
操作・入力
2020-10-30
HST00163 バルコニーの手摺荷重(線荷重)の入力
バルコニーの手摺荷重(線荷重)は[はり特殊荷重]コマンドで入力します。
操作・入力
2020-10-30

147 件の文書   12345678910>>

[HOUSE-ST1] の中から検索: