56 件の文書   123456

Q&A検索の使い方
文書番号  件名 分類  最終更新日 
DOCR00858 モデル化条件の開口包絡の方法について「45°で隅切り」の準拠規基準を教えてください。
プログラムの仕様について回答します。
計算方法
2020-06-02
DOCR00850 診断計算に考慮する雑壁を教えてください。
耐力、剛性、重量に考慮する雑壁について説明します。
計算方法
2020-06-01
DOCR00452 『偏心率の求め方』の指定の違いで偏心率が異なります。異なる要因を教えてください。
計算方法の違いを回答いたします。
計算方法
2020-05-29
DOCR00810 そで壁付柱のQsu3の「Pt」及び「σ0」の計算方法について教えてください。
2001年版RC造耐震診断基準と2017年版RC造耐震診断基準では計算仕様が異なります。説明いたします。
計算方法
2020-05-25
DOCR00458 「 11.1 2次診断正加力時診断表」に「注:○○階の偏心率が大きすぎるので別途検討が必要!」と出力されます。どのような意味ですか?
偏心が大きい場合とし、偏心率が0.15(指定により0.5)を超える場合にメッセージを出力しています。詳細を回答します。
計算結果
2020-05-25
DOCR00744 柱頭と柱脚の断面が異なる独立柱について、地震時変動軸力割増係数:αx、αyを『0』とし変動軸力を考慮しない場合でも「正負加力の平均」と「正負加力別」計算結果のQsuが異なります。なぜでしょうか。
「正負加力の平均」と「正負加力別」のQsuの計算方法の違いによる結果です。説明します。
計算方法
2020-05-20
DOCR00768 二次診断において塔屋と地下階がある場合どのような指定が必要ですか。
DOC-RC/SRCの計算範囲について回答します。
操作・入力
2020-05-19
DOCR00459 スキップフロアの建物
スキップフロアにより梁抜け架構となる場合について仕様を説明します。
操作・入力
2020-05-19
DOCR00813 DOC-RC/SRCとBUS-6で壁量・柱量が異なります。取り方の違いを教えてください。
志賀マップへ記載する場合はどちらの値を使えばよいのでしょうか。

志賀マップではBUS-6(現行規定)と同じように柱と壁板を分けて算出しています。 計算方法の違いについて比較表をご参照ください。
計算方法
2020-05-12
DOCR00812 多雪地域に考慮する積雪荷重の低減係数α1~α4につて総重量・柱軸力計算に考慮する係数αを教えてください。
総重量、柱軸力計算に考慮する低減係数αについて回答します。
計算方法
2020-05-08

56 件の文書   123456

[DOC-RC/SRC] の中から検索: