68 件の文書   1234567

Q&A検索の使い方
文書番号  件名 分類  最終更新日 
DOCR00459 スキップフロアの建物
スキップフロアにより梁抜け架構となる場合について仕様を説明します。
操作・入力
2020-05-19
DOCR00813 DOC-RC/SRCとBUS-6で壁量・柱量が異なります。取り方の違いを教えてください。
志賀マップへ記載する場合はどちらの値を使えばよいのでしょうか。

志賀マップではBUS-6(現行規定)と同じように柱と壁板を分けて算出しています。 計算方法の違いについて比較表をご参照ください。
計算方法
2020-05-12
DOCR00812 多雪地域に考慮する積雪荷重の低減係数α1~α4につて総重量・柱軸力計算に考慮する係数αを教えてください。
総重量、柱軸力計算に考慮する低減係数αについて回答します。
計算方法
2020-05-08
DOCR00806 そで壁の耐力への考慮
耐力・剛性への考慮について、そで壁付柱のそで壁部分の長さ・厚さによる制限の一覧を記載します。
計算方法
2020-05-08
DOCR00857 プログラムのマニュアルの参照方法を教えてください。
参照方法を回答します。
計算方法
2020-04-23
DOCR00826 「せん断終局強度決定時の引張鉄筋比ptが0.1%を下回っている部材があります。pt=0.1%として、計算を行い ました。」とメッセージが出力されます。
該当部材の確認方法を教えてください。
メッセージの計算仕様及び出力仕様と該当部材の確認方法について回答します。
計算結果
2020-04-23
DOCR00827 第2種構造要素の判定結果1と判定結果2でそで壁の残存軸耐力を無視・考慮の違いがありますが 何故設けているのでしょうか。
2001年版及び2017年版RC造診断基準では「柱の残存軸耐力をそで壁を考慮した状態で検討してもよい」と考えられる記述がありますので、 そで壁を考慮した柱の残存軸耐力を用いた判定結果を参考値として出力しています。
計算方法
2020-04-22
DOCR00856 柱のMuが『0』となりました。なぜでしょうか。
一例を回答いたします。
計算方法
2020-04-16
DOCR00855 そで壁付柱の反曲点高さの計算で弾性解析結果を選択しています。逆せん断力を負担した場合どのように計算しますか。
省略値では反曲点高さの計算を省略しQmu、Qsuを計算せずにQuを『0』としています。
計算方法
2020-04-16
DOCR00854 破壊モード図でQu、F値が『0』となる部材があります。原因を教えてください。
例を上げ説明いたします。
計算結果
2020-04-16

68 件の文書   1234567

[DOC-RC/SRC] の中から検索: