25 件の文書   123

Q&A検索の使い方
文書番号  件名 分類  最終更新日 
HST00137 壁倍率、⊿Qaの上限
「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)」 (企画編集:(公財)日本住宅・木材技術センター)に拠り、
「水平力に対する検定1(令46条による壁量計算)」では、耐力壁壁倍率が5.0を超える場合は5.0として計算します。
「水平力に対する検定2(令82条による許容応力度計算)」では、壁倍率が7.0を超える場合は7.0として計算します。
⊿Qaは、入力した値で計算します。
計算方法
2017-12-07
HST00136 連続する基礎ばりの長期曲げモーメントが連続していません。
基礎ばりにおいて、長期は柱が複数ある場合でも、柱~柱間ごとに単純ばりモデルで中央部モーメントを求め、固定端モデルで柱下支点のモーメントを求めています。
計算方法
2017-12-07
HST00134 ベた基礎の場合、出力「9.4.1 基礎ばりの応力」でP1、P2の値の確認
ベた基礎において、「出力9.4.1 基礎ばりの応力」のP1、P2は、基礎ばりに作用する接地圧(基礎ばり両側の底盤)に負担幅を掛けた荷重の合計値です。
計算方法
2017-12-07
HST00131 出力「6.6.1.水平構面の構造計算の要否」について
出力「6.6.1.水平構面の構造計算の要否」の計算方法等は、「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)」 (企画編集:(公財)日本住宅・木材技術センター)を参照して下さい。
計算方法
2017-12-07
HST00124 [壁の配置]コマンドの「みかけ変形角」
[壁の配置]コマンドの「みかけ変形角」は、許容せん断耐力時の見かけのせん断変形角(rad)の入力で、壁のせん断剛性計算に使用します。
計算方法
2017-12-07
HST00114 斜め壁が取り付く場合の柱頭柱脚接合部の計算
斜め壁が取り付く場合、柱頭柱脚接合部の許容応力度計算では、斜め壁の回転による柱軸力を考慮します。 N値計算法では、斜め壁の耐力壁倍率に応じたN値を考慮します。
計算方法
2017-12-07
HST00105 連続した土台と柱間ごとの土台の違い
土台を複数の柱間に連続して入力した場合と、柱間ごとに入力した場合では、 通りのせん断検討用アンカーボルト本数が異なります。
計算方法
2017-12-07
HST00133 出力9.2の接地圧σeの基礎計算用軸力
べた基礎において、出力「9.2 長期接地圧の検定」の「接地圧σeの計算」の「基礎計算用軸力」の計算方法
計算方法
2017-02-03
HST00132 [建物概要]コマンドの「はりの勝ち負けの順」
[基本データ]メニューの[建物概要]の「はりの勝ち負けの順」は、軸と軸の交点において、複数のはりが接続している場合に、どのはりを勝ちとするかを自動で判断するための入力です。
計算方法
2017-02-03
HST00169 基礎ばりの水平荷重時応力、水平力による軸力の計算
基礎ばりの水平荷重時応力、柱頭柱脚接合部の検定における水平力による軸力は、 壁の許容せん断耐力から計算します。
計算方法
2017-02-02

25 件の文書   123

[HOUSE-ST1] [計算方法] の中から検索: