Q&A検索の使い方
文書番号 件名 分類 最終更新日
SAVE00091 Jw_cadのトレース図の縮尺が合わない
Jw_cadのファイルをトレース図として読み込んだ時に、縮尺が合わない場合の解決方法を紹介します。
操作・入力
2018-02-02
SAVE00027 Q値μ値計算における、実質熱貫流率を用いた鉄骨造の入力方法について
SAVE-住宅の「Q値μ値計算」(外皮の評価)で、鉄骨造と木造の入力が可能になりました。 鉄骨造の入力では実質熱貫流率を採用しています。 ここでは、層構成(複合部位)の編集方法を紹介します。
操作・入力
2011-11-17
SAVE00005 階高が5m以上の場合のペリメーターゾーンの面積補正
階高が5m以上の場合のペリメーターゾーンの面積補正について解説します。
操作・入力
2012-11-13
SAVE00035 階間について
住宅の省エネルギー計算においては1階天井と2階床の間の空間「階間」をモデル化しないといけません。 モデル化の際の注意点を以下に説明します。
操作・入力
2011-11-17
SAVE00026 Q値μ値計算における、平均熱貫流率を用いた木造の入力方法について
SAVE-住宅 Q値μ値計算において、鉄骨造と木造の入力が可能になりました。 木造の入力では平均熱貫流率を採用しています。 ここでは、層構成(複合部位)の編集方法を紹介します。
操作・入力
2011-11-17
SAVE00104 結露対策等級 防湿層に関する対策の要件をクリアする方法
結露対策等級の要件の1つである、防湿層に関する対策の要件をクリアする入力方法を解説します。
操作・入力
2016-07-08
SAVE00029 Q値μ値計算における、混構造の入力方法について
SAVE-住宅の「Q値μ値計算[Ver.1.0.0.7]」(外皮の評価)で、鉄骨造と木造の入力が可能になりました。 入力モード【鉄骨造・木造・その他】では、複合部位を層構成で入力できる為、鉄骨造と木造の混構造のモデルも作成することができます。 ここでは、層構成(複合部位)の編集を用いた、混構造の入力方法を紹介します。 1階が鉄骨造の店舗と駐車場、2階が木造の住宅の場合のモデルを例にあげます。
操作・入力
2011-11-17
SAVE00022 Q値μ値計算における熱橋部の低減係数の設定方法
Q値μ値計算における熱橋部の低減係数の設定方法について説明します。 低減係数の値は「住宅の省エネルギー基準の解説」p.80-81に準じてモデルから判定して設定されます。
操作・入力
2011-05-24
SAVE00107 結露対策等級 通気層に関する対策の要件をクリアする方法
結露対策等級の要件の1つである、通気層に関する対策の要件をクリアする入力方法を解説します。
操作・入力
2016-07-08
SAVE00001 「材料一覧」への新規登録方法を教えてください
「材料一覧」へ材料を追加する方法
操作・入力
2010-06-15

[SAVEシリーズ] [操作・入力] の中から検索: