Q&A検索の使い方
文書番号 件名 分類 最終更新日
FAP00044 壁のブレース置換法の説明
ブレース置換法は壁をせん断剛性が等価なブレースとし、曲げ剛性は壁の影響を考えて入力します。 ※以下は入力データ作成の一例です。実状に応じて設計者の判断で入力して下さい。
操作・入力
2007-12-14
FAP00054 露出型柱脚の回転剛性の入力例
柱脚に回転剛性を考慮した平面フレームでの入力の例を説明します。
柱脚の接合条件にバネを設定し、回転剛性値を設定します。
※以下は入力データ作成の一例です。実状に応じて設計者の判断で入力して下さい。
計算方法
2010-03-05
FAP00045 壁のエレメント置換法の説明
壁エレメント置換法は剛性の等価な壁柱と側柱でモデル化します。壁柱と側柱の断面性能について示します。 ※以下は入力データ作成の一例です。実状に応じて設計者の判断で入力して下さい。
操作・入力
2009-02-12
FAP00043 耐力壁のモデル化の種類と特徴
耐力壁の代表的なモデル化として線材置換法、ブレース置換法、壁エレメント置換法、有限要素法の4種類の特徴を説明します。
計算方法
2007-12-18
FAP00042 応力度の計算例
出力結果のσc、σtについての計算例です
計算方法
2007-02-21
FAP00006 重心位置の計算
重心位置の計算方法について
計算方法
2007-06-28
FAP00050 温度変化による荷重効果
温度応力は温度変化によって部材にひずみが発生し、発生したひずみによって応力が発生します。
計算方法
2007-11-21
FAP00040 部材応力の表でσc/σtの計算方法
部材の最大圧縮応力度:σc、部材の最大引張応力度:σtを出力します。
σc=N/A+|My/Zy|+|Mz/Zz|
σt=N/A-|My/Zy|-|Mz/Zz|
計算結果
2007-07-10
FAP00021 トラス梁の等価せん断剛性
せん断力は、腹材により抵抗されると考え、板のせん断剛性に等しくなるように板厚を定めていきます。
※以下は入力データ作成の一例です。実状に応じて設計者の判断で入力して下さい。
計算方法
2008-12-01
FAP00028 支点(拘束された節点)について
節点を拘束する場合の自由度の平面フレームと立体フレームでの違い と 節点に拘束を設定する方法
操作・入力
2017-10-05

[FAP] の中から検索: