Q&A検索の使い方
文書番号 件名 分類 最終更新日
BUS00480 構造用鋼材を用いたアンカーボルトの許容せん断応力度
構造用鋼材を用いたアンカーボルトの許容せん断応力度についてまとめます。
計算方法
2014-11-26
BUS00770 「ブレース有効断面積(Ae)」に入力すべき値はどのように計算すればよいでしょうか
「構造設計資料 1999」「2-2 引張筋かいの計算図表」をご参照ください。
計算方法
2008-10-02
BUS00513 S造柱脚のアンカーボルトには、軸断面積Abとネジ部有効断面積baeの使い分け
BUS-5でのS造柱脚のアンカーボルトには、軸断面積Abとネジ部有効断面積baeの使い分けについて説明します。
計算方法
2009-04-17
BUS00863 保有耐力横補剛の計算方法について
保有耐力横補剛の計算は、均等配置の場合と端部を補剛する方法の2種類について検討を行っている。 上記2種類の計算方法について説明します。
計算方法
2014-01-14
BUS00861 付着の検定計算について
付着の検定計算が、BUS-5 Ver.1.0.0.34(DB6.3.2.0)から機能追加されました。 入力・計算の仕様についての概要を記載します。
計算方法
2013-10-30
BUS00877 S造露出柱脚の破断防止の確認について
S造露出柱脚の破断防止の確認の検討方法や結果出力について説明します。
計算方法
2012-08-23
BUS00862 「平19国交告第594号第2の三のイにおける応力割増率」の適用方法について
BUS-5 で「平19国交告第594号第2の三のイにおける応力割増率」の柱・梁への適用方法について
計算方法
2016-08-25
BUS00831 剛性率、偏心率計算条件の「剛性率計算時、層間変形角の求め方」について
剛性率、偏心率計算条件の「剛性率計算時、層間変形角の求め方」について説明いたします。
計算方法
2012-08-22
BUS00885 RC部材の断面算定で2段筋がある場合の2段筋位置について(BUS-5 Ver.6.5.0.12 以前)
BUS-5 Ver.1.0.5.12(DB6.5.0.12) 以前のバージョンを用いた場合に、RC部材の断面算定で2段筋がある場合の2段筋位置で、自動計算を用いた場合の計算方法について。
計算方法
2014-01-09
BUS00626 BUS-3Ver3以降、及びBUS-5での「平成19年改正後法規」による層間変形角の計算法
BUS-3Ver3以降、及びBUS-5での「平成19年改正後法規」による層間変形角の計算法
計算方法
2013-07-11

[BUS-6/5 / 基礎構造 / COST] [計算方法] の中から検索: