2,605 件の文書   12345678910>>

Q&A検索の使い方
文書番号  件名 製品 分類  最終更新日 
HDOC00084 ベイツガ、ベイヒバの柱耐力
樹種としてスギ・ヒノキ・ケヤキが列挙されていますが、昭和50年から60年代にはベイツガ、ベイヒバなどが用いられています。
この場合はヒノキと同等として扱ってよいでしょうか。
HOUSE-DOC 操作・入力
2022-08-03
HDOC00083 地松の柱耐力
垂れ壁付き独立柱、垂れ壁・腰壁付き独立柱の耐力で地松の柱耐力はどのように評価するのでしょうか。
HOUSE-DOC 操作・入力
2022-08-03
HDOC00082 開口部の評価の考え方について。
開口部の評価の考え方について、マニュアルの参照項目を教えてください。
HOUSE-DOC 計算方法
2022-08-03
HDOC00081 上下に有効な横架材がない場合の有開口壁
上下に有効な横架材がない場合、有開口壁として耐力を評価しないとしてよろしいでしょうか。
HOUSE-DOC 操作・入力
2022-08-03
HDOC00080 一般診断法、方法1の窓型開口と掃き出し開口の判断
一般診断法、方法1で、窓型開口と掃き出し開口の区別の判断基準はどのようにすればよいでしょうか。
窓の高さが1200(mm)を超え、垂れ壁・腰壁がある場合も掃き出し開口とするのでしょうか。
HOUSE-DOC 操作・入力
2022-08-03
HDOC00079 換気口などのφ150程度の開口
有開口壁について、換気口などのφ150程度の開口が、合板耐力壁に設けられている場合は、無視して無開口壁として扱ってもよいでしょうか。
無視できる場合は、大きさの上限の目安はありますか。
HOUSE-DOC 操作・入力
2022-08-03
HDOC00078 45°の斜め壁
θ=45°の斜め壁は、両方向とも壁の耐力を評価してよろしいでしょうか。
HOUSE-DOC 計算方法
2022-08-03
HDOC00077 精密診断法1における斜め壁
斜め方向の壁を評価する場合には、一般診断法では耐力評価のみを行っているので、cosθで補正することになっています。
精密診断法1には記述がありませんが、どのように考えればよろしいでしょうか。
HOUSE-DOC 計算方法
2022-08-03
HDOC00076 一般診断法合板の釘仕様
合板は3(mm)以上が0.9(kN/m)と評価されていますが、一般診断法では天井まであれば評価できると取れますが、精密診断法1では四周打ちとなっています。
一般診断法では、大壁天井までは壁基準耐力の評価は0.9(kN/m)としてもよいでしょうか。
HOUSE-DOC 操作・入力
2022-08-03
HDOC00075 窯業系サイディング縦張り、横張り
窯業系サイディングについて、精密診断法1では「縦張り(幅455mm程度)」と「横張り(幅910mm程度)」で基準耐力が異なりますが、一般診断法では一律1.7(kN/m)と評価してよいでしょうか。
HOUSE-DOC 操作・入力
2022-08-03

2,605 件の文書   12345678910>>

[全ての製品] の中から検索: