形状割増、短辺割増について。 [文書番号 : HDOC00037]

概要
一般診断と精密診断では、扱いが異なります。
詳細
一般診断(必要耐力:簡易)では、短辺が短い場合、その階の必要耐力を割り増し、最上階の短辺は考慮しません。
精密診断では、短辺が短い場合、その階を除くすべての下の階の必要耐力を割り増します。
一般診断でも必要耐力算出方法が「詳細」の場合は精密診断と同じ短辺割増係数を取ります。
関連文書
HDOC00043 最外縁の短辺を求める時の跳ね出しバルコニー。
HDOC00051 一般診断法、短辺が6.0(m)以上の形状割増係数について。
HDOC00115 不整形な建物の短辺



文書情報

製品カテゴリ: HOUSE-DOC 最終更新日: 2019-08-26
バージョン: HOUSE-DOC[Ver.5x],HOUSE-DOC[Ver.4x],HOUSE-DOC[Ver.3x],
文書番号: HDOC00037
分類: 計算方法


kozoStation オンライン販売 ソフトウェアのご購入は、オンライン販売からご購入ができます。オンライン販売では、10%OFFでご購入ができます。