柱の鉄筋のかぶり、2段筋間隔はどこで調整出来ますか? [文書番号 : DOCR00373]

概要
調整方法について回答します。
回答
下記操作によりご指定下さい。

【 操作 】
[構造計共通条件]→ [部材断面特性]→ [はり、柱かぶり] より
タブ:柱を選択し、部材位置、鉄骨かぶり、2段筋間隔を指定し、[追加]ボタンを押してご登録下さい。

省略値では、かぶり厚を3cmとし、2段筋間隔の自動計算時の主筋の空きは 25 ㎜または径の 1.5 倍(異形鉄筋の場 合は 1.7 倍)の大きい方とします。2段筋間隔を直接入力する場合、直接入力値を使用します。

【参考】
DOC-RC/SRC Ver9 概要編マニュアル 2018 年 2 月 初版第1刷発行
3章-31頁 大項目:3.4.2 鉛直部材の終局強、壁のせん断終局強度


関連文書
DOCR00839 診断計算プログラムで柱の鉄筋のかぶり厚の省略値が3cmに設定されているのはなぜでしょうか。




文書情報

製品カテゴリ: DOC-RC/SRC 最終更新日: 2020-04-15
バージョン: DOC-RC/SRC[ver.9.x],
文書番号: DOCR00373
分類: 計算方法


kozoStation オンライン販売 ソフトウェアのご購入は、オンライン販売からご購入ができます。オンライン販売では、10%OFFでご購入ができます。