柱のMuが『0』となりました。なぜでしょうか。 [文書番号 : DOCR00856]

概要
一例を回答いたします。
回答
DOC-RC/SRCでは完全塑性理論により曲げ終局強度(以降、Muと称します。)を求めます。
Mu計算時にNmax :最大軸方向強度、Nmin :最小軸方向強度を求めます。
この時、診断計時の柱負担軸力がNmaxを上回る又はNminを下回る場合は算定の対象外となりMuを『0』としています。

例えば、検討方向に対し引張側となる外柱の負担軸力が柱の引張耐力を超えるとMuが『0』となります。


詳細
終局強度の個別計算結果
 [耐震診断]→[CSV形式ファイルの出力]→[終局強度の個別出力]より
 確認する検討方向、柱にチェックを入れ、部材の配置軸を指定し[OK]を押します。
 CSV形式の個別出力より、NS又はNLの欄とNmax又はNmin欄を比較し確認できます。


参考
[ヘルプ]→[ヘルプの目次]より
■DOC-RC/SRC Ver.9/Ver.8.1(評価取得版 DOC-RC Ver.8.1(2014)(P評価11-改2-RC)を含む)
[概要編(Ver.9)]ボタンを押し、PDF形式の概要編マニュアルより下記をご参照ください。

・DOC-RC/SRC Ver9 概要編マニュアル 3章-33頁~39頁
 項目: 3.4.1 曲げ終局強度の計算
関連文書
DOCR00854 破壊モード図でQu、F値が『0』となる部材があります。原因を教えてください。
DOCR00855 そで壁付柱の反曲点高さの計算で弾性解析結果を選択しています。逆せん断力を負担した場合どのように計算しますか。



文書情報

製品カテゴリ: DOC-RC/SRC 最終更新日: 2020-04-16
バージョン: DOC-RC/SRC[ver.9.x],
文書番号: DOCR00856
分類: 計算方法


kozoStation オンライン販売 ソフトウェアのご購入は、オンライン販売からご購入ができます。オンライン販売では、10%OFFでご購入ができます。