付着の検定計算で長さの設定・取り方について [文書番号 : BUS00875]

概要
付着の検定計算に用いる付着長さの入力項目と、どの位置からの長さで比較し検定しているかを図にて説明します。
操作
◆付着長さの入力方法

【構造計算共通条件】 --->【部材断面特性】--->【部材断面特性】

で付着長さ「Ld1」の計算に用いる鉄筋径に対する倍率「R」を設定


解説
◆はりの必要付着長さと検定について

付着長さの比較する値は、断面算定位置からの長さで行います。
よって、純ラーメンでは柱面フェース位置からの長さとなり、必要長さ「L1」は図の左柱のような長さになります。
右柱の様に袖壁がある場合の算定位置は、袖壁端となり「L1」も袖壁端からの長さになります。
付着長さ「Ld1」は、柱フェース間長さ/4に「Rd」を加算し、算定位置までの長さを減じた値になります。


カットオフの無い全断面配筋の場合は、付着長さ「Ld1」=スパン長さ/2 として設定されます。
通し配筋の時の考え方は、RC規準(1999年版)の P175 に、全鉄筋が通し鉄筋とされた場合の付着長さについて
「有効な付着長さは(L+d)/2と考えるのが妥当である」の記載が有りますが、BUSでは、ここに記述された「+d」は
採用していませんので、計算結果を確認いただいた上で別途に検討して頂くか、配筋等を変更していただく等の
対応を行って頂く事も考えられます。

◆柱の必要付着長さと検定について

柱も梁と同様に、算定位置からの長さで比較を行います。各長さの取り方は下図のようになっています。
柱配筋が全断面の通し筋の場合は「柱の内法長さ/2」までを付着長さとして設定して検定を行います。
(DB6.5.0.12 までは、「構造階高/2」で行っていました)


関連文書
BUS00702 「付録1-3.1 鉄筋コンクリート部材の力学モデルに関する技術資料」の付着の許容応力度計算について
BUS00861 付着の検定計算について



文書情報

製品カテゴリ: BUS-6/5 / 基礎構造 / COST 最終更新日: 2019-06-27
バージョン: BUS-5[ver1.x],
文書番号: BUS00875
分類: 計算結果


kozoStation オンライン販売 ソフトウェアのご購入は、オンライン販売からご購入ができます。オンライン販売では、10%OFFでご購入ができます。