「データ入力条件」の自動変換機能について [文書番号 : B2R00036]

概要
「+RevitOp.」の「データ入力条件」を自動的に適用範囲に変換する機能を紹介します。
解説
「BUSデータのインポート」実行時、インポートするデータの「データ入力条件」が適用範囲外(B2R00013参照)の場合、
自動的に適用範囲に変換する機能があります。


ただし、この機能によって[壁形状]形式から[壁形状2]形式へ変換した場合
「壁」のデータは 「壁形状2」、「壁形状2の計算条件」、「壁形状2の壁開口」に3分割されます。
形状名称はそれぞれ 「W〇」、「WK〇」、「O〇」とリネームされます。

関連文書
B2R00013 +Revit Op.におけるBUSデータの適用範囲と補足事項



文書情報

製品カテゴリ: BUS-6 +Revit Op. 最終更新日: 2019-07-31
バージョン: BUS-6 +Revit Op.[Ver.1x],
文書番号: B2R00036
分類: その他


kozoStation オンライン販売 ソフトウェアのご購入は、オンライン販売からご購入ができます。オンライン販売では、10%OFFでご購入ができます。