ファイルの自動保存先はどこですか? [文書番号 : DRA00317]

概要
ファイルの自動保存先について説明しています。
詳細
ファイルの自動保存先は、 【環境設定】 コマンドの 【保存】タブで確認することができます。

※DRA-CAD5/5LE以前のバージョンでは 【環境設定】 コマンドの 【図面】タブにあります。

初期設定では
  • 自動保存の間隔は、30分
  • 自動保存先は、バージョンとOSにより変わります。

    DRA-CAD12シリーズまでの自動保存先

    Windows98Se/Me
    C:\Windows\Tempフォルダ

    WindowsXP/2000
    C:\Document and Settings\ユーザーアカウント名\Local Settings\Tempフォルダ

    Windows Vista/7/8/8.1
    C:\Users\ユーザーアカウント名\AppData\Local\Tempフォルダ



    [DRA-CAD7のダイアログ]


    DRA-CAD13シリーズ以降

    C:\Users\ユーザーアカウント名\Documents\archi pivot\DRA-CAD(バージョンの数字)\AutoSaveフォルダ



    [DRA-CAD18のダイアログ]
補足
自動保存されるファイルは、既存のファイル名の先頭に「~」、最後に「T0001」と順に番号をつけて保存されます。
※DRA-CAD5/5LE以前のバージョンでは、「~+ファイル名.mpz」という名前で保存されます。
MPZ以外のファイル(DXFや、MPP)の自動保存も、すべて拡張子は「MPZ」(DRA-CAD7以降は「MPS」)となります。
参考
Windows2000、XPでDocument and Settings\ユーザーアカウント名\Local Settingsフォルダが表示されない場合は、次の操作をお試しください。
①マイコンピュータを実行します。
②メニューバーの「ツール」→「フォルダオプション」を実行します。
③[表示]タブにある「詳細設定」の項目の中の「ファイルとフォルダの表示」→「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェックします。
④「フォルダオプション」の[OK]ボタンを左クリックします。
上記操作の後、フォルダが表示されるかご確認ください。
関連文書
DRA00048 自動保存で保存されるファイル



文書情報

製品カテゴリ: DRA-CAD 最終更新日: 2020-05-15
バージョン: DRA-CAD[All],
文書番号: DRA00317
分類:


kozoStation オンライン販売 ソフトウェアのご購入は、オンライン販売からご購入ができます。オンライン販売では、10%OFFでご購入ができます。