一般診断法石膏ボード仕様の区別について。 [文書番号 : HDOC00070]

概要
一般診断法の石膏ボードは、はりまで到達しているかどうかにかかわらず、一律として考えてよろしいでしょうか。
質問
壁基準耐力において、精密診断法には石膏ボードの直張り仕様、準耐力壁仕様などの区別がありますが、一般診断法には明記がありません。
はりまで到達しているかどうかにかかわらず、一律と考えてよろしいでしょうか。
回答
よい。ただし、精密診断法1で示す壁基準耐力の仕様が基準となっておりますので、その仕様に満たない場合には、低減を乗じるなどして適切にご判断ください。
(一般財団法人 日本建築防災協会作成「「2012年改訂版 木造住宅の耐震診断と補強方法」の質問・回答集」Q3.59より引用)
参考
HOUSE-DOCヘルプ([ヘルプ]メニューの[ヘルプの起動])
[入力項目]→[工法リスト]→[一般診断]→[壁(一般診断)]
[入力項目]→[工法リスト]→[精密診断]→[壁(精密診断)]
Ver.3の場合:
 [基本データの入力]→[工法リスト]→[壁]
また、[一般診断]もしくは[精密診断]メニューの「工法リスト」コマンド実行中に「F1」キーを押すと表示されます。
関連文書
HDOC00067 準耐力壁仕様とは。
HDOC00068 石膏ボード、合板の固定方法に規定はあるのでしょうか。
HDOC00072 「ラスボード」および「ラスボード下地漆喰塗」の天井で止まっている場合について。



文書情報

製品カテゴリ: HOUSE-DOC 最終更新日: 2016-08-15
バージョン: HOUSE-DOC[Ver.4x],HOUSE-DOC[Ver.3x],
文書番号: HDOC00070
分類: 操作・入力


kozoStation オンライン販売 ソフトウェアのご購入は、オンライン販売からご購入ができます。オンライン販売では、10%OFFでご購入ができます。