DRA-CADの32bit版と64bit版について [文書番号 : DRA00900]

概要
DRA-CADの32bit版と64bit版についての説明です。
質問
DRA-CADの32bit版と64bit版の
  • ライセンス認証
  • 環境や各コマンドの設定
  • オプションコマンド
について教えてください。
回答
(1) ライセンス認証について

アクティベーション認証は、64bit版と32bit版の区別なくDRA-CADをお使いになるOS毎に必要です。

例えば、Windows8.1(64bit)のパソコンへ、DRA-CADの64bit版と32bit版を両方インストールした場合、
1ライセンスのアクティベーション認証で両方のDRA-CADをご利用いただけます。


【一台のPC(OS)で、 64bit版と32bit版、両方のDRA-CADをインストールしたときに、
 片方をアンインストールする場合の注意点】

どちらか一方のDRA-CADをアンインストールすると、
下図のメッセージが表示され、アクティベーション認証は解除されます。


(DRA-CAD12の例です)

その後、もう一方を起動すると、ライセンス認証の画面が表示されますので、
そのままライセンス認証を実行してください。


(2) 環境や各コマンドの設定について

32bit版/64bit版で動作環境や各コマンドの設定は共有しています。
環境移行等の操作を行う必要はありません。

プログラム本体は、32bit版と64bit版で別々のフォルダーにインストールされます。
DRA-CADの32bit版と64bit版を両方セットアップした場合、アンインストールは、32bit版と64bit版それぞれに行う必要があります。
DRA-CADのアンインストール時、
『レジストリに保存されているDRA-CAD○○の設定情報も削除しますか?』
のメッセージが表示されます。
その際「はい」をクリックすると、設定されていた環境が削除されますのでご注意ください。
「はい」をクリックすると、DRA-CADがインストール直後の初期状態に戻ります。


(DRA-CAD12の例です)

例えば、Windows8.1(64bit)のパソコンへ、DRA-CADの64bit版と32bit版を両方インストールし、 その後32bit版をアンインストールして64bit版を継続使用するのであれば、表示されるメッセージは
「いいえ」を選択してください。
動作環境が削除されずに残ります。

パソコンから32bit版と64bit版両方をアンインストールする場合は「はい」を選択します。


(3) オプションコマンドについて

64bit版は今までのオプションコマンドをご利用いただけません。
オプションコマンドをご利用される場合は、32bit版をご利用ください。

64bit版では「2次元&3次元用開発キット」(11.0.1.0対応版)を
使いMicrosoft Visual Basic .NET上で作成されたDLL版オプションコマンドのみ動作します。

Windowsの仕組み上、Visual Basic 6で作成されたOCX版オプションコマンドは、64bit版で動作しません。
DRA-CAD(32bit)版では、これまで通りOCX版オプションコマンドをご利用いただけます。


関連文書
DRA00899 DRA-CAD12正規版のインストール方法について(Preview版がインストールされている場合)



文書情報

製品カテゴリ: DRA-CAD 最終更新日: 2019-10-02
バージョン: DRA-CAD[All],
文書番号: DRA00900 バージョンの制限: DRA-CAD12シリーズ以降
分類: 導入と認証


kozoStation オンライン販売 ソフトウェアのご購入は、オンライン販売からご購入ができます。オンライン販売では、10%OFFでご購入ができます。