3階建て最下階混構造の場合の木造部分。 [文書番号 : HDOC00048]

概要
3階建て最下階混構造の場合の木造部分は、2階建ての1,2階、3階建ての2,3階のどちらで計算しますか。
詳細
3階建ての2,3階として計算します。
3階建てで1階部分が鉄骨、または鉄筋コンクリートの場合必要耐力を割り増します。
この場合、3階建ての建物として2,3階を計算します。
(一般財団法人 日本建築防災協会作成「「2012年改訂版 木造住宅の耐震診断と補強方法」の質問・回答集」Q3.19より引用)
操作
木造部分は2F、3Fに入力し、1F部分の入力は計算には必要ありません。



文書情報

製品カテゴリ: HOUSE-DOC 最終更新日: 2019-08-26
バージョン: HOUSE-DOC[Ver.5x],HOUSE-DOC[Ver.4x],HOUSE-DOC[Ver.3x],
文書番号: HDOC00048
分類: 計算方法


kozoStation オンライン販売 ソフトウェアのご購入は、オンライン販売からご購入ができます。オンライン販売では、10%OFFでご購入ができます。