接合部など詳細がわからないと診断出来ないと思われますが、調査数の目安(全体部材に対する割合など)はありますか。 [文書番号 : HDOC00016]

概要
精密診断法では全骨組みの調査が基本となり、やむを得ず未確認で診断した場合には、耐震補強工事時に確認が必要です。
詳細
一般診断法では非破壊検査を基本としています。
部分撤去を行わなくても、床下、天井裏などから調査を行うことを原則としています。
精密診断法では全骨組の調査が基本となり、やむを得ず未確認で診断した場合には、耐震補強工事に確認が必要です。
(一般財団法人 日本建築防災協会作成「「2012年改訂版 木造住宅の耐震診断と補強方法」の質問・回答集」Q3.1、Q3.2より引用)



文書情報

製品カテゴリ: HOUSE-DOC 最終更新日: 2019-08-26
バージョン: HOUSE-DOC[Ver.5x],HOUSE-DOC[Ver.4x],HOUSE-DOC[Ver.3x],
文書番号: HDOC00016
分類: その他


kozoStation オンライン販売 ソフトウェアのご購入は、オンライン販売からご購入ができます。オンライン販売では、10%OFFでご購入ができます。