はりデータ部位の「はり」 [文書番号 : HST00014]

概要
はりデータの部位入力で「はり」とした場合について説明します。
質問
はりデータの部位入力で「はり」とした場合にどのような影響がありますか。

※Ver.7のダイアログ
回答
断面計算において、たわみ制限を1/250とします。他の部位として入力した場合との違いは、断面計算(出力「7.3 横架材の曲げとたわみ・せん断の検定)のたわみ制限のみです。
詳細は、[はりの配置]コマンド実行中にF1キーを押すと表示されますので、ご参照ください。
参考
HOUSE-ST1ヘルプ([ヘルプ]メニューの[ヘルプの起動])
 [入力項目]→[部材・荷重の入力]→[はりの配置]



文書情報

製品カテゴリ: HOUSE-ST1 最終更新日: 2017-01-26
バージョン: HOUSE-ST1[Ver.7x],HOUSE-ST1[Ver.6x],HOUSE-ST1[Ver.5x],
文書番号: HST00014
分類: 計算方法


kozoStation オンライン販売 ソフトウェアのご購入は、オンライン販売からご購入ができます。オンライン販売では、10%OFFでご購入ができます。