診断法で想定している範囲を超えた入力 [文書番号 : HDOC00116]

概要
診断書作成、印刷時チェックリスト下(1ページ)に ※診断法で想定している範囲を超えた入力がされているためこの診断書は不適切です。 と表示されます。
対処方法
チェックリストが未入力または適用範囲が超えた場合に
※診断法で想定している範囲を超えた入力がされているためこの診断書は不適切です。
と出力されます。
チェックリストで1箇所でも適用範囲外の入力がある、または、未入力の項目がある場合に出力されます。
チェックリストでどの項目が適用範囲外の入力となっているかは、プリチェックで警告メッセージとして出力していますので、確認することができます。
適用範囲を超えている場合は、「2012年改訂版 木造住宅の耐震診断と補強方法」の適用範囲を超えているため、計算することはできません。
「2012年改訂版 木造住宅の耐震診断と補強方法」を参考に、別途検討をしてください。
入力、[一般診断]もしくは[精密診断]メニューの「チェックリスト」コマンドで行い、チェックリストの各項目の詳細は「チェックリスト」コマンド実行中に「F1」キーを押すと表示されます。
また、プリチェックメッセージにも表示されますので、適用範囲を超えた場合には確認できます。
参考
HOUSE-DOCヘルプ([ヘルプ]メニューの[ヘルプの起動])
 [入力項目]→[基本データの入力]→[チェックリスト]
 Ver.3の場合:
  [基本データの入力]→[チェックリスト]



文書情報

製品カテゴリ: HOUSE-DOC 最終更新日: 2016-08-23
バージョン: HOUSE-DOC[Ver.4x],HOUSE-DOC[Ver.3x],
文書番号: HDOC00116
分類: 出力一般


kozoStation オンライン販売 ソフトウェアのご購入は、オンライン販売からご購入ができます。オンライン販売では、10%OFFでご購入ができます。