自然排煙方式の排煙窓と給気口について [文書番号 : 00039]

概要
自然排煙方式の排煙窓と給気口の設定の説明です。
質問
マニュアル等をみますと、自然排煙方式の排煙窓を設置しても、適切に給気口を設けないと効果が小さい、とあります。
給気口の設定はどのようにすればよいのでしょうか?
回答
自然排煙の窓として入力してください。

居室避難ならば、1.8m以下の窓は自動で給気になります。
階避難ならば、1.8m以下、かつ、Hlim以下の部分が給気になります。

給気口については、「2001年版避難安全検証法の解説及び計算例とその解説」の
p72,②排煙量の算定
p308,309(告示1441,第4,3の第一項、第二項)居室避難
p313,314(告示1441,第8,3の第一項、第二項)階避難
を参照してください。

機械排煙についても同様ですが、「自然排煙関係規定」に適合する自然排煙窓があればよいので、
1.8mの規定は限定的になると思われます。

排煙窓が1.8m以下の部分に少しでもあれば、給気口として算入されます。
また、給気口の幅に制限はありません。小さくても結構です。小さいなりに計算されます。
また、比較的高い位置(1.8mに近い)に設置した場合、
結果として給気面積がゼロになる事がありますが、計算は可能です。
補足
第百二十六条の三の規定のうち、
○に適合するものを「自然排煙関係規定」といいます。
×の項目は適用除外となる項目です。
これに加えて、1.8m以下の部分に給気口がある事が排煙窓の条件となります。




文書情報

製品カテゴリ: 避難検証法 最終更新日: 2017-09-06
バージョン: 避難検証法,
文書番号: 00039
分類: 操作


kozoStation オンライン販売 ソフトウェアのご購入は、オンライン販売からご購入ができます。オンライン販売では、10%OFFでご購入ができます。