44 件の文書   12345

Q&A検索の使い方
文書番号  件名 分類  最終更新日 
FAP00045 壁のエレメント置換法の説明
壁エレメント置換法は剛性の等価な壁柱と側柱でモデル化します。壁柱と側柱の断面性能について示します。 ※以下は入力データ作成の一例です。実状に応じて設計者の判断で入力して下さい。
操作・入力
2009-02-12
FAP00005 BUS→FAP転送方法
BUS→FAP-3への転送方法を説明します
操作・入力
2009-01-27
FAP00021 トラス梁の等価せん断剛性
せん断力は、腹材により抵抗されると考え、板のせん断剛性に等しくなるように板厚を定めていきます。
※以下は入力データ作成の一例です。実状に応じて設計者の判断で入力して下さい。
計算方法
2008-12-01
FAP00053 強制変位の入力方法
強制変位は、支点移動として入力します。
支点移動で移動させる方向の拘束条件は固定でなければなりません。
操作・入力
2008-01-23
FAP00052 印刷時に文字が重なる場合の対処方法②
印刷時に文字が重なり表示できない場合の対処方法「印刷拡大率」について解説します。
出力一般
2008-01-23
FAP00051 印刷時に文字が重なる場合の対処方法①
印刷時に文字が重なり表示できない場合の対処方法「文字の大きさを変更する方法」について解説します。
出力一般
2008-01-23
FAP00043 耐力壁のモデル化の種類と特徴
耐力壁の代表的なモデル化として線材置換法、ブレース置換法、壁エレメント置換法、有限要素法の4種類の特徴を説明します。
計算方法
2007-12-18
FAP00049 長スパンの壁の解析
FAP-3を使い、長スパンの壁をブレース置換法、壁エレメント置換法、有限要素法で解析してみました。
計算結果
2007-12-14
FAP00048 連層壁の解析
FAP-3を使い、連層壁をブレース置換法、壁エレメント置換法、有限要素法で解析してみました。
計算結果
2007-12-14
FAP00046 有限要素法による壁のモデル化の説明
有限要素法による壁のモデル化の一例を説明します。
操作・入力
2007-12-14

44 件の文書   12345

[FAP] の中から検索: