107 件の文書   12345678910>>

Q&A検索の使い方
文書番号  件名 分類  最終更新日 
HDOC00098 精密診断法1壁の釘間隔修正係数。
2012年改定版において、釘打ち間隔の修正耐力の式では、間隔の制限が100(mm)となっています。
この考え方では、釘間隔200(mm)の仕様の場合、最大で2倍の壁基準耐力になる場合がありますがそれでよろしいでしょうか。
操作・入力
2019-08-26
HDOC00097 精密診断法1で不明な壁。
一般診断法で仕様が不明な壁があるときには2.0(kN/m)としていますが、この壁基準耐力を精密診断法1で使用しても支障ないでしょうか。
操作・入力
2019-08-26
HDOC00096 上部構造評点「倒壊」。
上部構造評点の判定において「倒壊」とは建物がどのようになった状態をいうのでしょうか。
計算結果
2019-08-26
HDOC00095 当該階の床仕様。
床仕様は当該階の上階から判断すればよろしいでしょうか。また、小屋組みは、屋根下地を含めてよろしでしょうか。
計算方法
2019-08-26
HDOC00094 L型の建物の4分割法。
L型の建物の場合、4分割法はどのように考えればよろしいでしょうか。
操作・入力
2019-08-26
HDOC00093 3階建ての2層部分に4m以上の吹き抜けがある場合。
耐力要素の配置などによる低減係数eKflの選択において、「4m以上の吹き抜けがある場合は床の仕様を1段階下げる」とありますが、3階建ての2層に4m以上の吹き抜けがある場合の床仕様は、何階部分を1段下げるのでしょうか。
計算方法
2019-08-26
HDOC00092 一般診断法で剛心を出す場合の剛性。
一般診断法で偏心率を算出する場合は、精密診断法1と同様に壁の剛性を使うべきでしょうか。
計算方法
2019-08-26
HDOC00091 壁基準耐力1.0(kN/m)以上2.0(kN/m)の柱接合部低減係数。
壁基準耐力1.0(kN/m)未満では柱接合部低減係数1.0とするとありますが、接合部ⅢやⅣでは壁基準耐力が2.0(kN/m)未満で0.7の場合があります。
その間は直線補間して求めてもよいでしょうか。
計算方法
2019-08-26
HDOC00090 3階建ての1階のN値計算。
接合部Ⅰの仕様になるかどうかは、N値計算と同様の方法を用いるなどして確認できるとして、3階建ての場合、3階建ての2階、3階については2階建ての1階、2階とみなしてN値計算を求めるとありますが、3階建ての1階部分はどのようにもとめるのでしょうか。
計算方法
2019-08-26
HDOC00089 柱接合部の仕様について、N値計算を用いる場合。
柱接合部の仕様について、平成12年建設省告示第1460号に適合する仕様(接合部Ⅰ)であるかについて、N値計算を用いる場合、診断法上での考え方。
計算方法
2019-08-26

107 件の文書   12345678910>>

[HOUSE-DOC] の中から検索: