107 件の文書   12345678910>>

Q&A検索の使い方
文書番号  件名 分類  最終更新日 
HDOC00030 精密診断:壁の劣化を入力しても耐力が変わりません
精密診断の壁の低減係数は、柱接合部低減係数と劣化低減係数の小さい方となります。
計算方法
2019-08-26
HDOC00031 床面積と必要耐力計算面積の違い
床面積は見下げ面積で計算し、必要耐力算定面積は見上げ面積で求めます。
このため、面積が変わることはあります。
計算結果
2019-08-26
HDOC00035 計算結果で「○階 に出隅柱が4本以上ないため、N値計算は行いません。」と表示されます。
出隅柱の設定が無いため、N値計算ができません。
柱の属性で出隅を指定してください。
操作・入力
2019-08-26
HDOC00036 補強案で変更した壁の色を元に現状の色に戻したい。
色変更コマンドで元に戻すことができます。
操作・入力
2019-08-26
HDOC00037 形状割増、短辺割増について。
一般診断と精密診断では、扱いが異なります。
計算方法
2019-08-26
HDOC00038 オーバーハングがある場合の4分割法。
上階の壁の位置が外側になる様なオーバーハングの場合や不整形な平面形状など、4分割法では危険側になる場合があります。
計算方法
2019-08-26
HDOC00040 Ver.5に上げてしまうとVer.4、Ver.3の計算結果は変わりますか
Ver.5では計算に変更はありませんので同じ結果となります。
その他
2019-08-26
HDOC00042 部分的にはりが鉄骨の場合。
耐力壁や床剛性が確保できていれば診断できますか。
操作・入力
2019-08-26
HDOC00043 最外縁の短辺を求める時の跳ね出しバルコニー。
最外縁の短辺を求める時に跳ね出しバルコニーは含めますか。
計算方法
2019-08-26
HDOC00044 2階オーバーハング部分の壁。
オーバーハング部分に壁がある場合、通常の壁と同様に耐力要素として見込むことはできますか。
操作・入力
2019-08-26

107 件の文書   12345678910>>

[HOUSE-DOC] の中から検索: