146 件の文書   12345678910>>

Q&A検索の使い方
文書番号  件名 分類  最終更新日 
HST00104 連続したはりと柱間ごとのはりの違い
はりを連続して入力した場合と柱間ごとに入力した場合では、断面計算に違いはありません。
計算方法
2020-10-30
HST00103 耐力壁線間の距離における制限の緩和
耐力壁線間の距離は8m以内としています。靱性のある壁のみを用いる場合の制限の緩和は行いません。
計算方法(品確法)
2020-10-30
HST00102 はり、柱の自重
はり、柱の自重は床・天井、壁の固定荷重に含まれているものとしています。 はり、柱の自重を含めて床・天井、壁の固定荷重を設定してください。
計算方法
2020-10-30
HST00101 [追加重量]、[はり特殊荷重]コマンドの積雪荷重
[追加重量]、[はり特殊荷重]コマンドで積雪荷重を入力する場合、積雪荷重100%時の値を入力します。
計算方法
2020-10-30
HST00100 部材リストなどのインポート
部材リストなどは他の物件でインポートすることができます。
操作・入力
2020-10-30
HST00099 はり断面寸法の表示
はりの断面寸法は、作業ウィンドウの伏図を拡大表示、ズームアップさせると表示されます。
操作・入力
2020-10-30
HST00098 直接入力したはり負担範囲の削除方法
はり負担範囲の削除コマンドを実行して削除してください。
操作・入力
2020-10-30
HST00097 火打ち範囲の直接入力
[入力]メニューの[火打ち範囲]は火打ちの負担範囲を変更したい場合に入力します。
操作・入力
2020-10-30
HST00096 アンカーボルトの短期許容応力度
アンカーボルトは、Zマーク表示金物または同等のものを使用するものとして、基準強度Fは、240(N/mm2)とします。 また、令90条の炭素鋼のボルトとして、短期許容引張応力度は、240(N/mm2)とします。
計算結果
2020-10-30
HST00095 偏心によるねじれを考慮した割増係数Ce
Ceは、偏心率が0.15 以下の場合は1.0、0.15 を超える場合はねじれ補正係数(ただし1.0 未満の場合は1.0) と します。
計算結果
2020-10-30

146 件の文書   12345678910>>

[HOUSE-ST1] の中から検索: