146 件の文書   12345678910>>

Q&A検索の使い方
文書番号  件名 分類  最終更新日 
HST00082 集成材の入力
集成材は、[基本データ]メニューの[標準部材・リスト]コマンドの「部材材質」で追加します。
操作・入力
2020-10-29
HST00080 床工法の⊿Qa
「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)」(企画編集:(公財)日本住宅・木材技術センター)で確認して下さい。
計算結果
2020-10-29
HST00079 陸屋根の入力
陸屋根は、[屋根面の配置]コマンドで「勾配」を0として入力します。
操作・入力
2020-10-29
HST00078 スキップフロアについて
スキップフロア建築物に対する検討の詳細は、
「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)」(企画編集:(公財)日本住宅・木材技術センター)
を参考に設計者の判断でモデル化し、検討して下さい。
操作・入力
2020-10-29
HST00077 屋根面を直接受けるはり
[屋根面を直接受けるはり範囲指定]は、屋根面の荷重を小屋ばり、小屋束を介さずにはりが直接負担する場合に
指定します。
操作・入力
2020-10-29
HST00076 柱頭・柱脚接合部の短期許容引張耐力上限
柱頭・柱脚接合部の短期許容引張耐力に上限はございません。
操作・入力
2020-10-29
HST00075 部材のコピー方法
部材の配置コマンドでコピー元の部材の属性を参照し、部材を配置すると部材のコピーを行うことができます。
操作・入力
2020-10-29
HST00074 壁量計算、壁のつり合い良い配置の確認の結果
床が配置されていない箇所があると、壁量計算や壁のつり合い良い配置の確認が正しく行われません。
計算結果
2020-10-29
HST00073 1階の木造床組がない場合の床の入力方法
1階の木造床組がない場合は、[入力]メニューの[床・天井]で、タイプを「土間」としてください。
操作・入力
2020-10-29
HST00072 Ver.6での「8.1.1 柱頭柱脚の接合部」と「8.1.3 柱頭柱脚の接合部 伏図」の判定の相違
Ver.6において、「8.1.1」ではOK、「8.1.3」ではNGの箇所は、右から加力時にNGとなっている可能性があります。
計算結果
2020-10-29

146 件の文書   12345678910>>

[HOUSE-ST1] の中から検索: