鉄骨の継手データですがSCSS準拠の場合、使用ボルト径の指定は出来ますか? [文書番号 : NBUS00037]

概要
[プロジェクト]→[入力制御]→タブ:SRC/S設定値 の『ボルト径』で指定できます。仕様を回答します。
回答
下記のようにボルト径を判断しています。
[プロジェクト]→[入力制御]→タブ:SRC/S設定値 の『ボルト径』で判断しています。

H形鋼の形状と[入力制御]で指定したボルト径がSCSSデータと合致する場合
指定のボルト径を採用します。意図する『ボルト径』をご指定ください。


H形鋼の形状と[入力制御]で指定したボルト径がSCSSデータと合致しない場合
H形鋼の形状が合致するデータを検索し、ボルト径は小さい径を採用します。


H形鋼の形状自体がSCSSデータがに合致しない場合
保有耐力接合の計算は省略し保有耐力接合とします。また、W-M3032メッセージを出力します。

W-M3032---
メッセージ: H形鋼継手部に該当するSCSSデータが存在しない。
説明:材質・断面寸法に合致しないため、保有耐力接合の計算は省略し 保有耐力接合とします。
---


継手部に考慮するボルト径がモデル化意図と一致しない場合
下記の操作で継手部の直接入力をお願いいたします。

【操作】
1)[部材]→[はり]→[リスト]→[はり接合部]→タブ:はり継手部 より継手部の直接入力を行ってください。
2)1)で登録した継手部の名称をSはり登録時の接合部:継手部でご指定ください。


注意
・SCSS準拠の場合、使用ボルト径の指定は共通条件のみで指定できます。個別指定はできません。


詳細
構造計算書
 出力項目:7.6.3 S造はりの断面検定表 (6) はりの保有耐力接合


個別検討(詳細な計算結果)
 1)【NOUT】 [ホーム]→[出力項目]→[保有耐力接合図]を開きます。
 2)上段のタブ:保有耐力接合図 から[個別検討]を選択し、詳細を確認するはりを選択してください。
  該当部材の『保有耐力接合_個別検討_はり.csv』より詳細をご確認いただけます。
  ※操作方法の詳細についてはNBUS00025をご参照ください。


【補足】
断面検定表でNGとなる場合について
SCSS準拠とした場合でも部材長さが短いと、QyがFy/√3・Asで決定しNGとなることがあります。
上記の『個別検討』の結果をご活用頂き詳細をご確認ください。
関連文書
NBUS00025 部材耐力計算の詳細を確認できますか。



文書情報

製品カテゴリ: 構造モデラー+NBUS7/+基礎 最終更新日: 2022-06-29
バージョン: +NBUS7 Ver.2.x,+NBUS7 Ver.1.x,
文書番号: NBUS00037
分類: 操作・入力


kozoStation オンライン販売 ソフトウェアのご購入は、オンライン販売からご購入ができます。オンライン販売では、10%OFFでご購入ができます。