平成30年国土交通省告示第80号の特定緩勾配屋根を有する建築物の積雪荷重の割増 [文書番号 : HST00173]

概要
特定緩勾配屋根を有する建築物の積雪荷重の割増の入力
質問
平成30年国土交通省告示第80号の特定緩勾配屋根を有する建築物の積雪荷重の割増は、どのように入力したらよいですか?
回答
該当する屋根が建物全般に渡る場合は、
[基本データ]メニューの[荷重条件]を選択して、「最大積雪量」を入力する際に、
実際の最大積雪量に割増係数αを掛けた値を入力して下さい。



該当する屋根が建物の一部の場合は、
[屋根入力]メニューの[小屋ばり荷重]を選択して小屋ばり特殊荷重、または、[入力]メニューの[はり荷重]を選択して
はり特殊荷重で、「荷重ケース」を「積雪」として、割増される積雪荷重を割増係数αを用いて計算し、入力して下さい。


対象建築物は、以下の条件を満たし、かつ、屋根を有するものです。
①多雪区域以外の区域にある。
②垂直積雪量が15cm以上の区域にある。
③棟(最上端)から軒(最下端)までの長さが10m以上である。
④屋根勾配が15度以下のもの。





文書情報

製品カテゴリ: HOUSE-ST1 最終更新日: 2019-03-05
バージョン: HOUSE-ST1[Ver.7x],
文書番号: HST00173
分類: 操作・入力


kozoStation オンライン販売 ソフトウェアのご購入は、オンライン販売からご購入ができます。オンライン販売では、10%OFFでご購入ができます。