建設省告示第1100号一部改正で追加された耐力壁への当面の対応 [文書番号 : HST00172]

概要
平成30年3月26日に公布・施行された国土交通省告示第490号で、在来軸組構法の耐力壁を定めている
告示第1100号に新たな材料の追加、耐力壁の仕様(材料・釘間隔・釘種類)が追加された事への対応。
質問
告示第1100号に追加された耐力壁仕様をHOUSE-ST1Ver.7で計算する場合の手順を教えてください。
回答
HOUSE-ST1の「壁工法リスト」に、告示で追加された軸組(壁)を登録することで、これらの追加に対応した計算をすることができます。
追加された軸組(壁)を壁工法リストに登録する具体的な手順は、HOUSE-ST1 の[基本データ]メニュー→[標準部材・リスト]の標準部材・リスト ダイアログにおいて、「リスト編集」の壁工法ボタンを押します。壁工法リストで、「追加はここ!」部分をクリックすると、新規に壁工法の名称や壁倍率などが登録でき、今までと同じ様に登録した壁が「壁」コマンドで選択して配置できます。 名称に「告 構造用合板 (面材張り大壁CN50外周@7.5)」など仕様が確認できるようにしておくと判りやすいでしょう。
もう一つの方法として、HOUSE-ST1 の[入力]メニュー→[壁]コマンド→壁の配置ダイアログの「壁工法」で「直接入力」を選択し、下の「材料倍率」で壁倍率を入力することでも対応できます。



文書情報

製品カテゴリ: HOUSE-ST1 最終更新日: 2018-06-04
バージョン: HOUSE-ST1[Ver.7x],
文書番号: HST00172
分類:


kozoStation オンライン販売 ソフトウェアのご購入は、オンライン販売からご購入ができます。オンライン販売では、10%OFFでご購入ができます。