8.2.1、8.2.6、8.2.7の出力 [文書番号 : HST00171]

概要
8.2.1、8.2.7は、はり端部が負けでせん断力の伝達が独立でない金物が配置されている場合に出力されます。
8.2.6は、90×90の筋かいの接合部仕様が「ボルトφ12」、筋かい上部が取り付くはり端部が負けで仕口金物が配置されている場合に出力されます。
質問
計算結果で、8.2.1、8.2.6、8.2.7が出力されません。
どのようにすれば出力されますか。
回答
8.2.1、8.2.6、8.2.7については、下記の入力がある場合に出力されます。

8.2.1 横架材端接合部のせん断に対する検定
[基本データ]メニューの[接合部]の「仕口(胴差・通し柱)」タブおいて、 「せん断力の伝達」を
「独立でない」とした金物を追加し、 [入力]メニューの[はり]の「仕口」で追加した金物を選択して
はり配置し、そのはりの端部が負けの場合

8.2.6 筋かい上部が取り付く横架材接合部の引抜力
90×90の筋かいの配置があり、その筋かいの接合部仕様が「ボルトφ12」(記号:S5) ([基本データ]メニューの
[接合部]の「筋かいタブ」タブおいて、No.5(記号:S5)に チェックが入っている)で、筋かい上部が取り付く
はり端部に仕口金物が配置されていてそのはり端部の勝ち負けが負けの場合
    

8.2.7 複合応力(引張とせん断)の検定
8.2.1と同じ



文書情報

製品カテゴリ: HOUSE-ST1 最終更新日: 2017-12-07
バージョン: HOUSE-ST1[Ver.7x],HOUSE-ST1[Ver.6x],
文書番号: HST00171
分類: 操作・入力


kozoStation オンライン販売 ソフトウェアのご購入は、オンライン販売からご購入ができます。オンライン販売では、10%OFFでご購入ができます。