構造システムデータベースk-DBがインストールされていません [文書番号 : WST00002]

概要
WOOD-STを起動すると「構造システムデータベースk-DBがインストールされていません」とメッセージが表示されます。
質問
WOOD-STを起動すると「構造システムデータベースk-DBがインストールされていません」とメッセージが表示されます。
何が原因でしょうか。
また、k-DBをインストールしないと何か問題となりますか。
回答
WOOD-STでは、構造システムデータベース「k-DB」を使用しています。
「k-DB」は、構造システムの構造計算ソフトで使用するデータベースを管理するソフトです。
BUS-6、SNAP、FAP-3、MED-3などでも使用されています。

各製品のデータベース対応状況は以下のページで確認が行えます。
http://www.kozo.co.jp/program/kozo/k-db.html

「k-DB」がインストールされていないと、材料強度や接合金物が使用できませんので、必ずインストールをお願いします。
インストールは、以下のページからセットアップを入手して行ってください。

ダウンロードセンター 「k-DBアップデート」
http://support.kozo.co.jp/download/index.php?p2=164

関連文書
WST00003 k-DBのバージョンがプログラムに対応していません



文書情報

製品カテゴリ: WOOD-ST 最終更新日: 2017-12-04
バージョン: WOOD-ST[All],
文書番号: WST00002
分類: その他


kozoStation オンライン販売 ソフトウェアのご購入は、オンライン販売からご購入ができます。オンライン販売では、10%OFFでご購入ができます。