屋根形状係数について [文書番号 : HST00153]

概要
屋根形状係数は、令86条に規定されている屋根勾配による積雪荷重の低減値です。
質問
屋根形状係数とは何でしょうか。
回答
屋根形状係数は、令86条に規定されている屋根勾配による積雪荷重の低減値です。
直接入力がない場合は、[基本データ]メニューの[荷重条件]の「屋根勾配」で入力されたX・Y方向の勾配のうち、
小さい方の勾配で自動計算します。
[基本データ]メニューの[荷重条件]において、「屋根形状係数」にチェックを入れて、「1.0」と直接入力すると、
屋根勾配による積雪荷重の低減を行わないことになります。



文書情報

製品カテゴリ: HOUSE-ST1 最終更新日: 2017-01-31
バージョン: HOUSE-ST1[Ver.7x],HOUSE-ST1[Ver.6x],HOUSE-ST1[Ver.5x],
文書番号: HST00153
分類: 操作・入力


kozoStation オンライン販売 ソフトウェアのご購入は、オンライン販売からご購入ができます。オンライン販売では、10%OFFでご購入ができます。