「9.5.1 土台の設計」におけるアンカーボルト部分の土台の断面積 [文書番号 : HST00069]

概要
アンカーボルト部分の土台の断面積Aは、
A(cm2)=(土台の有効幅-(アンカーボルト径+0.2))×土台の有効せい
で求めます。
質問
出力「9.5.1 土台の設計」において、アンカーボルト部分の土台の断面積Aが低減されているようです。
 A=土台の有効幅×土台の有効せい
ではないのですか。
回答
アンカーボルト穴径(アンカーボルト径+2mm)による欠損を自動的に考慮しております。
アンカーボルト部分の土台の断面積Aは、
 A(cm2)=(土台の有効幅-(アンカーボルト径+0.2))×土台の有効せい
で求めます。



文書情報

製品カテゴリ: HOUSE-ST1 最終更新日: 2017-02-01
バージョン: HOUSE-ST1[Ver.7x],HOUSE-ST1[Ver.6x],HOUSE-ST1[Ver.5x],
文書番号: HST00069
分類: 計算結果


kozoStation オンライン販売 ソフトウェアのご購入は、オンライン販売からご購入ができます。オンライン販売では、10%OFFでご購入ができます。