精密診断法1より一般診断法の方が、厳しい評価になりますか。 [文書番号 : HDOC00008]

概要
一般診断法は精密診断法1に比べ、バラツキがあり、評点がやや低めになる傾向があります。
詳細
一般診断法は精密診断法1に比べ、バラツキがあり、評点がやや低めになる傾向があります。
耐力要素の配置による低減係数を4分割法で求めた場合と偏心率による場合で異なり、低減係数が精密診断の方が大きくなることもあります。
この場合は、一般診断でも「計算条件」の「配置による低減係数」を「偏心率法」とすることで確認することができます。



文書情報

製品カテゴリ: HOUSE-DOC 最終更新日: 2019-08-26
バージョン: HOUSE-DOC[Ver.5x],HOUSE-DOC[Ver.4x],HOUSE-DOC[Ver.3x],
文書番号: HDOC00008
分類: 計算方法


kozoStation オンライン販売 ソフトウェアのご購入は、オンライン販売からご購入ができます。オンライン販売では、10%OFFでご購入ができます。