バルコニーの扱いはどのようになるのでしょうか? [文書番号 : HDOC00001]

概要
「跳ね出しバルコニー」は軽い床として、0.4倍の面積を必要耐力算出面積に加算します。
床倍率は0となります。
詳細
「跳ね出しバルコニー」は床の「タイプ」で入力し、軽い床として0.4倍の面積を必要耐力算出面積に加算します。
精密診断での床倍率は0となります。

一方、「ルーフバルコニー」は重く、「跳ね出しバルコニー」として入力してしまうと実状よりも軽く評価されてしまうので、「屋根」として入力します。
詳細は、[床・屋根の配置・編集]コマンド実行中にF1キーを押すと表示されますので、ご参照ください。
参考
HOUSE-DOCヘルプ([ヘルプ]メニューの[ヘルプの起動])
[入力項目]→[部材の入力]→[床・屋根の配置・編集]
Ver.3の場合:
 [部材の入力]→[床・屋根の配置・編集]
また、[一般診断]もしくは[精密診断]メニューの「床・屋根の配置・編集」コマンド実行中に「F1」キーを押すと表示されます。



文書情報

製品カテゴリ: HOUSE-DOC 最終更新日: 2019-08-26
バージョン: HOUSE-DOC[Ver.5x],HOUSE-DOC[Ver.4x],HOUSE-DOC[Ver.3x],
文書番号: HDOC00001
分類: 操作・入力


kozoStation オンライン販売 ソフトウェアのご購入は、オンライン販売からご購入ができます。オンライン販売では、10%OFFでご購入ができます。