「警告:W073:登録断面のS造部材は算定することができません」 [文書番号 : MED00018]

概要
「警告:W073:登録断面のS造部材は算定することができません」内容説明
質問
算定計算でW073の警告が出て、その部材の計算結果が出力されません。
解決方法を教えてください。
回答
S造柱(または他の部材)断面データ入力表において、断面データベースを使用しているのが原因です。S造部材の算定計算は、鉄骨の板厚を求めるのが目的となります。
断面データベースの使用は断面寸法を使用するのではなく、直接入力されている断面性能を使用して断面計算を行うのが目的です。断面データベースに鉄骨寸法が入力をされていても、実際には使用していません。あくまでも入力されている断面性能をそのまま使用します。鉄骨のせい、幅が認識できないため、板厚の算出が出来ません。
上記のような理由により、マニュアルP.2 ③S造表の記述の通り、S造算定計算時は登録断面の使用は除いています。
回避方法としては、形状において「登録」を「0:使用しない」に設定することにより、入力されているせいと幅により、算定計算を行います。



文書情報

製品カテゴリ: MED 最終更新日: 2004-07-30
バージョン:
文書番号: MED00018
分類: 操作・入力


kozoStation オンライン販売 ソフトウェアのご購入は、オンライン販売からご購入ができます。オンライン販売では、10%OFFでご購入ができます。