【おすすめ機能】3次元ビューポート [文書番号 : DRA01056]

概要
DRA-CAD17ではレイアウトに3次元のビューポートが挿入できるようになりました。
2次元平面図と3次元パースというような組みあわせでのレイアウトも可能になりました。
【ビューポート挿入】コマンドで3次元ビューポートを挿入する機能をご紹介します。
詳細

2次元平面図と3次元パースをレイアウトした例


3次元モデリングのパース表示をビューポート挿入しますので、3次元モデリングされたデータを用意します。
また、レイアウト図面に表示したいシーンを、あらかじめカメラコマンドで設定しておいてください。
(カメラを設定していない場合は、3次元のビューポートを配置できません。)


1.レイアウトを表示して【ビューポート挿入】コマンドを実行します。
  ビューポートの形状は矩形・楕円・多角形で配置が可能です。
  3次元のビューポートを挿入する場合は、[3次元]ボタンをクリックします。

  [3次元]ボタンをクリックすると、画面が「元図面」に切り替わります。
  元図面であらかじめ設定しておいたカメラを選択します。


2.カメラを選択すると、画面が「レイアウト」に切り替わります。
  ビューポートをレイアウトに配置すると、3次元のビューポートが設定されます。
  選択したカメラの設定で3次元表示されます。



3.配置後に設定内容を変更することも可能です。
  【ビューポートの設定】コマンドで変更します。
  コマンドを実行し、3次元のビューポート枠を選択すると、ダイアログが表示されます。
  3次元の項目では、視点・注視点の変更やあおりなどが設定できます。

  図形のプロパティでも変更できます。


ぜひ「3次元ビューポート」を、みなさまの業務にお役立ていただきたいと思います。
補足
レイアウトは、印刷用に図面を配置する機能です。A1用紙出力版やA3縮小版、プレゼン用など、1つの元データから複数の印刷レイアウトが作成できます。
ビューポートの挿入はレイアウトの画面で行います。そのため【レイアウト作成】コマンドで、レイアウトする画面を用意します。



文書情報

製品カテゴリ: DRA-CAD 最終更新日: 2019-06-03
バージョン: DRA-CAD17シリーズ,
文書番号: DRA01056 バージョンの制限: DRA-CAD17
分類: おすすめ機能


kozoStation オンライン販売 ソフトウェアのご購入は、オンライン販売からご購入ができます。オンライン販売では、10%OFFでご購入ができます。