BUSで構造計算を実行(Revitで建物形状を変更)【動画】 [文書番号 : B2R00022]

概要
Revitで変更した小ばりの配置スパンを、変換したBUSデータで確認します。
操作
RevitデータをBUSデータに変換してBUS-6を起動します。
ここでは、Revitで変更した小ばりの配置スパンが、BUSデータに反映されているかを確認します。

補足
建物モデルの作成・修正はBUS-6、Revitのどちらでも行えます。
関連文書
B2R00021 BUSで構造計算を実行(BUS-6ではり符号を変更)【動画】



文書情報

製品カテゴリ: BUS-6 +Revit Op. 最終更新日: 2018-12-14
バージョン: BUS-6 +Revit Op.[Ver.1x],
文書番号: B2R00022
分類: 操作・入力


kozoStation オンライン販売 ソフトウェアのご購入は、オンライン販売からご購入ができます。オンライン販売では、10%OFFでご購入ができます。